Uncertain Reality
Words&Music:Randy

CD版抜粋
夕日の中佇んでる 無愛想な鉄塔
昨日も確か同じ場所に 黙って立っていたはず

あぁ、茜色の空を ジェットが飛んでゆく
振り返って見れば そこにはまだ眠そうな月が

夜空を睨んでいるように 佇んでる煙突
昨夜も黙ったままで 夜明かししていたよね

あぁ、星の見えない空 月だけが輝く
今日もどこからか聞こえてる あのサイレンの音

確かなはずの現実 そうだろう?
だけど もしかしたら全ては幻


夜空を背負ったままで 光っている看板
見上げる人が居なくても 愛想振りまいている

あぁ、俯いた人々 世界は手元だけ
こんな街の真ん中でも 花は咲いているのに

明けゆく空の光浴び 静かに頬染める街
昨日と同じだけれども 何かが少し違う今日

あぁ、星のない空でも たまには見上げよう
道端の小さな緑も ほら輝いている

確かなはずの情報 遥かに越えて
あやふやなまま広がる 世界は


©Rock oyster crash!